TPPのポイントって?

それは「ISD条項」になります。
各国が自国民の為の安全、健康、環境、福祉について自国の基準を適用することができなくなると言うことです。
言い換えると、つまり、アメリカが日本での営業がやりにくいと言うことです。
日本に出来ることは、要求を呑むことです。
または高額な違約金を払うことだけとなります。
(汗)例えば、国民健康保険は全ての日本国民が加入していますよね。
この制度のおかげで病院にかかった時の費用負担が少なくて済みます。
(笑顔)しかし、アメリカには、このような制度がないので、アメリカの保険会社が国民健康保険の制度を廃止しなければいけないと言うことになります。
そうなれば裁判でも勝ち目はなくなりますよね。
(汗)。
この話は、インターネットにはたくさんあります。
しかし、政府民主党、マスコミからは出てこないですよね。
これが本当のことかどうかではありません。
その話がマスコミから流れない事が問題ですよね。
政府だけではありませんよ。
マスコミもグルになっているとしか言えませんよね。
逆に言うと、TPPに突き進もうとしているとしか言いようがありませんよね。
(汗)単に外国の安い商品を購入することが出来ると言った単純な話ではありません。
新聞、テレビだけが情報源ではダメと言うことです。
現代にはインターネットがありますよね。
それで、インターネットの情報はどこまでが信用できるのか判断が難しいと思います。
そんな難点もあります。
(汗)
医療保険は必要ない?健康保険との違い!【国の保障だけでOK?】