借入可能額と利用限度額とは

おまとめローンの話をする際、「いくらまで借入可能額があるの?」とか「利用限度額はいくらまで?」という言葉を使うと思います。
ですがこれらの言葉は若干意味が異なってくるため、おまとめローンを利用する前にしっかり把握しておきましょう。
まず借入可能額は単純に「借入できる額」です。
よって100万円借入できる人もいれば、500万円借入できる人もいます。
一方で利用限度額は「ローンの返済残高が減った時に再度借入が行える額」という意味があります。
例えば300万円借入を行ったとしましょう。
その際、契約で利用限度額が100万円と設定されたとします。
すると返済残高が100万円を切った際に、初めて追加で借りられるのが利用限度額です。
よって300万円の内、はじめの200万円までは返済のみとなり、ローン残高が残り100万円を切った際には再度借入が行えるという基準になるわけですね。
両者の言葉はとても紛らわしいので、注意しておきましょう。