住宅ローン保証人とは?

住宅ローンの保証人とは、主債務者がローンを返済できなかった時に変わって返済する人のことです。
一般的には、奥さんや両親などが連帯保証人となるケースが多いようですが、当然保証人となるためにも審査に通過しなくてはいけません。
保証人に返済能力が認められず、本審査が通らないというケースもあるようです。
どれだけ信頼性がある人柄でも、友人や知人などに頼んで連帯保証人となってもらうのは難しいでしょう。
そんな時は、保証会社を利用してみるのもいいかもしれませんね。

その分、保証料がかかってきてしまいますが、万が一病気や怪我などで支払いができなくなっても、保証会社が代わりに返済をしてくれます。
保証料は様々で、サービスや内容も異なるため、利用するときはしっかりとリサーチをしておくことをおすすめします。