住宅ローン消費税8%

2014年4月に消費税が5%から8%に増税されました。それに伴い住宅の購入価格も上がるので、住宅ローンにも影響がでました。例えば3,000万円の 住宅を購入する際、消費税が5%の場合は150万円ですが、8%に上がった場合の消費税の金額は240万円にもなってしまいます。その差は90万円!軽乗 用車が新車で買える金額です。この金額差をフラット35で金利1.5%として計算すると、消費税5%(3,150万円)で発生する金利は 9,047,533円です。これが消費税が8%(3.240万円)に増税になると金利は9,306,127円にもなってしまいます。つまり、2014年3 月に購入した場合と4月に購入した場合の差額は住宅ローンの金利を含めると1,158,594円も増額になってしまったということなのです。

関連サイト

住宅ローン借り換え比較ランキング!【金利・諸費用安い銀行2017】
住宅ローンの借り換えを効果的に行えば毎月の返済額を減らしたり返済期間を短縮することができます!金利、諸費用が安いお得な住宅ローンを比較しておすすめの銀行のランキングを作りました!借換え検討中の方必見です!
www.karikae-hikaku.com/